環境

ヒ素、カドミウム、クロミウム、水銀、鉛、タリウムなどの元素を重金属と呼びます。通常、重金属は食物連鎖、大気、飲料水などを経由して人体に入ります。

産業革命後、水路や湾岸海域はこれらの重金属などによる汚染にさらされてきました。汚染物質は土壌にも流れ込み、食物連鎖だけではなく飲料水への悪影響ももたらしています。環境を保護するため、ヨーロッパや米国をはじめ世界中の国々で厳しい規制が設けられている現状です。

これらの新たな規制は有害物質の限界量を規定しており、特に環境に排出される重金属の量を重要視しています。このため、同様に下水処理場から排出される汚泥と同様に、都市下水と産業排水の汚染レベルも監視される必要があります。

水、土壌、汚泥、廃棄物などの環境サンプルが含む重金属の分析をするには、スペクトロが提供する比類のないICPスペクトロメーターおよびXRFスペクトロメーターがおすすめです。これらの機器は頑丈で、信頼性が高く、規制の対象となるさまざまな素材のタイプに対応し、幅広い元素濃度を分析できる精密なシステムを備えています。