金属産業

スペクトロの分光計は、金属産業におけるさまざまな解析に貢献しています。

設置場所を選ばない可搬型金属分析装置は、素材の受入検査、生産工程内の品質管理、さらには納品前の最終チェックなどのさまざまな場面で、金属の特定と識別と分析をおこないます。その役割は広範に及び、スクラップ現場、リサイクル工場、建設現場、化学プラントなどでも活躍します。

据置型金属分析装置の特長は、分析精度の高さです。金属製造における工程管理や、金属加工における品質管理、さらには研究所での研究開発にも利用されます。

ICPスペクトロメーターの主な役割は、産業排水やコーティング剤のような各種液体の分析。その他にも、金属の純度や、金属中の微量な元素濃度の測定などに活用されます。

貴金属、宝石、歯科用合金などの分析によく用いられるのが非破壊型X線分析装置です。コーティングの分析、含有物や不純物の自動検出、スラグの検査などのさまざまな役割にもマッチしています。