太陽電池

旧シリコン太陽電池に代わり、薄膜太陽電池が成長しています。欧州太陽光発電産業協会(EPIA)は、この技術が2010年までに4ギガワット以上の電力を世界中で供給すると予測してきました。これは太陽電池市場における薄膜電池のシェアが20%に達することを意味します。

この華々しい発展は、製造者がCIS、CIGS、CdTeの各方式による太陽電池の性能を首尾よく向上し続けた場合に実現するとされていました。

研究場内の実験で、小型の薄膜電池が19.9%の光電変換効率を達成しています。この変換率を継続的に改善させつつ、このピーク値をパネル上で実用化することが当面の目標です。ここで製造者が先進的な分析技術を用いると、以下のようなことが可能になります。

  • オンラインおよびアットラインで膜の厚みを測定
  • オンラインおよびアットラインで膜内の元素含有量を測定
  • 高純度の出発物質内が含む不純物の検出
  • はんだの溶着状態やワイヤーの品質管理

リードする発光分光分析装置(OES)および蛍光X線分析装置(XRF)のメーカーとして、スペクトロは高性能の分析装置を太陽光発電産業に提供します。