SPECTRO MSがPITTCONで銀賞を受賞

SPECTRO MSがPITTCONで銀賞を受賞

  • 市場における最新鋭機器、ICP質量分析装置が技術報道賞を受賞
  • 無機元素の完璧な同時分析ができる初めてのICP質量分析装置
  • SPECTRO MS は将来の標準装置」とManfred Bergsch
    ( 独スペクトロCEO )がコメント

 SPECTRO MSが、2010年の PITTCON(フロリダ州オーランド、2月28日〜3月5日)で報道賞銀賞を受賞いたしました。 この賞は展示会に出展された革新的な新製品を対象に、著名な科学技術関連の報道関係者たちによって選出されるものです。
 受賞への道のりは容易ではありません。まずは公認の報道関係者150人が展示会を巡回して出展品を吟味し、各メディア代表者が傑出した3製品をそれぞれノミネート。その中から審査官が予備審査を行い、最終的に3つの賞を決定します。
「出展した1000 社が、たった3つの賞(金・銀・銅)を争う狭き門です。私たちは、この初めての栄誉を非常に誇りに思っています」と、Manfred Bergsch(ドイツ・スペクトロCEO)はコメントしています。

 世界で最初の完璧な同時分析ICP質量分析装置である「SPECTRO MS」は、6Liから238Uまでのすべての元素のマススペクトラムを自動的に記録することで、今までのシーケンシャル質量分析装置よりもはるかに高いサンプルスループットや、精度と正確さをユーザーに提供します。

「このたびの受賞で、SPECTRO MSが将来のICP質量分析の概念を変えるという私たちの見解が裏付けられました。同時測定という画期的な機能は、数年前に登場した発光分光装置と同様に、この市場に改革を起こすことになるでしょう」とBergschは説明しています。(2010年3月、クレーフ)

SPECTRO MSのテクノロジー

SPECTRO MSは、今までの連続分析の質量分析計よりもはるかに正確で再現性の高い結果をもたらすだけでなく、測定速度も大幅に向上しています。
全スペクトルの同時記録は、新しく設計されたハイエンドのコンポーネントによって可能になりました:
- ビームから中性粒子や光子を取り除きながら、プラズマからのイオンを極めて能率的に質量分析装置へ輸送する斬新なイオン光学。
- Mattauch-Herzogジオメトリ-を持つ2重収束セクター型質量装置静電分析器と永久磁石が、イオンビームの追加なしで焦点面の上にイオンを直接供給。
- 4,800のチャンネルを持つ極めて強力な検出器が質量分析計の焦点面に置かれ、完全に、かつ同時に、リチウムからウランのマススペクトラム全体を記録。またこれらのチャンネルのそれぞれ異なった信号増幅によってさらに2つの別個の検出器に分配することで、SPECTRO MSは同位体比率を正確に測定します。

新しいSPECTRO MS の応用範囲は多様です。スペクトロは、同製品の極めて高いサンプルスループットとその性能が、研究開発分野に広く貢献できると考えています。その精度、サンプルスループット、および測定元素のすべてのマススペクトル全体の永久的な情報により、SPECTRO MSが各種研究開発の基準システムとして定着することを期待しています。

同位体比率の明確化
研究開発分野ばかりでなく、同時分析の質量分析装置は様々な分野に対して魅力的な機能を提供します。例えば、環境、化学、および製剤の研究所では、本装置の低い検出限界と高いサンプルスループットが大いに役立ちます。はるかに異なる質量範囲でも同時に複数の同位元素比率を測定できる機能によって、新しい応用分野が見出されるでしょう。例えば地質学の研究において、サンプル測定をより正確に行うことができます。

ICP-MSの背景
ICP-MSは約30年にわたって元素分析の手段として用いられてきました。 元素の含有量は、その質量の違いに基づいて測定されていました。まず液体サンプルはネブライザーによって摂氏10,000度の状態で噴霧化され、アルゴンのプラズマの中に入れられます。プラズマはサンプルの中に含まれている元素のすべてをイオン化します。イオンはイオン光学系のインタフェースによって輸送されてイオンビームに入れられ、質量分析計の中で焦点が合わせられます。質量分析装置は、マス/チャージ関係に従ってイオンビームを分離します。検出器はイオンを記録し、元素の含有量分析を行います。世界で最初のICP-MS機器として、新しいSPECTRO MSはイオン光学系、質量分析装置、および検出器のユニークな組み合わせによってイオンを永久的分離し、同時に検出することを可能にするのです。

SPECTRO MSが幕張メッセに登場
スペクトロは、最新の分析機器、科学機器が幕張に集結する合同展「分析展2010/科学機器展2010」に出店します。
2010年9月1日(水)〜9月3日(金)
午前10時〜午後5時
場所:幕張メッセ国際展示場
ブース:7A-303 (アメテック内)
併催:新技術説明会/JAIMAコンファレンス
共催:東京コンファレンス

スペクトロとは
スペクトロは発光分析装置や蛍光X線分析装置の分野における世界の主要なサプライヤーのひとつです。高度な機器を製造し、最適なアプリケーションを提供し、模範的な顧客サービスを提供しております。スペクトロ製品はユニークな技術によって顧客に計り知れないメリットをもたらし、1979年から今日まで30,000台 を超える分析装置を全世界の顧客に供給してきました。
アメテックは、電子機器と電気モーターの世界的なサプライヤーであり、約25億米ドルの年間売上高を誇ります。

本件に関するお問合せ先
アンドレアス・エーデン 03-3740-3916