SPECTROPORT

SPECTROPORTは、SPECTRO社のOES技術の精度、幅広い分析範囲とハンドヘルド型分析装置の利便性、シンプルさを兼ね備えた可搬型発光分光分析装置です。

概要

SPECTRO社の代表する可搬型発光分光分析装置であるSPECTROTESTの多くの利点を小型・軽量化した装置です。
高度なOES技術をハンドヘルド型分析装置の扱いやすさで提供します。ハンドヘルド型蛍光X線分析装置では難しかった、C(炭素)・P(リン)・S(硫黄)・B(ホウ素)・Li(リチウム)・Be(ベリリウム)・Ca(カルシウム)・Si(シリコン)・Mg(マグネシウム)・Al(アルミニウム)などの元素を正確に素早く分析することが可能です。
また、革新されたソフトウェアで簡単にデータ管理をするとともに、WebAppとPCの接続により、オンラインでのデータ管理もすることができます。

サンプルプローブ

UV光学系を搭載したサンプルプローブで鋼のC(炭素)・P(リン)・S(硫黄)・B(ホウ素)・Sn(錫)の含有量を測定できます。

ICAL2.0システム

新しいICAL2.0キャリブレーションロジックシステムにで、簡単に装置校正。ひとつの試料で標準化が完了するため、作業時間を大幅に短縮できます。

ソフトウェア

Spark Analyzer Proソフトウェアを使用すると、ユーザーは様々の分析モード、サンプル識別フィールドなどを素早く簡単に設定できます。
また、新しいプリセットアプリでは多くの作業を実行でき、様々な用途に合わせた機能を提供できます。
例;APF(オートマチック・プログラム・ファインディング)機能は関連する合金グループを選択して最適な測定パラメータで分析を行います。

SPECTROスクラビングシステム

スクラビングシステム(米国特許 Nr.7,227,636)が、アーク励起時において0.05%からC(炭素)の分析を可能にします。本システムにより、低合金鋼の材質検査が大気雰囲気で迅速におこなえます。

その他の特徴

高速分析:最速2秒(ソーティングモード)
バッテリーパックを利用したコードレスオペレーション
アーク放電(大気中)で低合金鋼中の炭素を分析
パイプ、ワイヤ、小型部品などの試料にも各種追加アダプタで対応
狭い場所でも測定可能なサンプルプローブ
広範囲をカバーするフレキシブルな元素選択(追加可)
放射線源を使用せず、操作も簡単で安全
場所を選ばず即座に分析できる機動性
USB、LAN、VGAポートでデータ保存や外部出力などが自由に選択可能

仕様

検出器:高解像度CCDマルチ検出器
測定波長範囲:270〜530nm(本体検出器)、174~196nm(UVサンプルプローブ)
プロファイリング:自動プロファイリング
励起:アーク放電(大気中)、スパーク放電(Arガス雰囲気中)
OS:Windows 10 Professional
分析ソフト:成分分析、品種識別、異材判別
電源:90-253V、50/60 Hz(バッテリーでも稼働可)
出力:測定中の出力 250 W、スタンバイ時の出力 60 W
寸法:高さ550 mm、幅390 mm、奥行250 mm
重量:19.8 kg(バッテリーパックなし)
使用環境:温度+ 5℃〜+ 45℃、湿度20〜80%
所要ガス:純Arガス、99.999%以上
付属品:輸送用トロリー、小型輸送用トロリー、サンプルプローブ、ICAL用試料、標準サンプルアダプタ、標準消耗品
オプション:UVサンプルプローブ(測定波長範囲:174-196nm)、各種サンプルアダプタ、SPECTROスクラビングシステム、プリンタ、バッテリーパック、SPECTROメタルデータベース