SPECTROLAB S01

 

最新型 発光分光分析装置 SPECTROLABは、発光分光分析のリーディングカンパニーとして40年間培った技術の集大成です。従来のPMT/CCD検出器と比較し、極めて低濃度を測定可能な
CMOS検出器を搭載した、ハイエンド型固体金属発光分光分析装置です。

LAB S01の用途については、金属産業ページもご参照ください。

中小企業経営強化税制・固定資産特例対象製品

製品の特徴

  • CMOS分光器を採用することにより、光電子増倍管(PMT)よりも同等以下の検出限界(LODs)をもち、且つ高い繰り返し精度を実現しました。
  • 新型プラズマジェネレーターとすることにより、高エネルギーのプラズマジェネレーターと点火装置による、分析時間の短縮を実現しました。
  • スパークスタンド内部の部品を刷新することにより、装置内部の清掃管理が容易となりました。このことは保守時間の短縮に貢献します。
  • 装置本体サイズを約30%縮小することができ、より設置場所の選択肢が増えました。また、装置レイアウトに変更を加えたことにより、操作性の向上を図りました。
  • 校正システムiCAL2.0により、装置校正時間の大幅な短縮を実現しました。(校正時間:約5分)また、周囲の温度が多少変化しても、より安定性のある分析を行うことができるようになりました。
  • 製品の概略仕様

  • 測定波長範囲:120 – 770 nm
  • 試料発光スタンド:解放式、Arガスフラッシュ
  • 完全デジタル式プラズマジェネレータ
  • 汎用PC、Windows OS
  • CMOS検出器
  • iCAL式標準化
  • 分析ソフトウェア “Spark Analyzer Pro”
  • 所要電源:
  •       ・230V -10%/+10%, 50/60 Hz,
          ・1.0KVA(測定時)、0.5KVA(待機時)

  • 所要Arガス:純度99.999%以上
  • 推奨する設置環境の温度:周囲温度 18℃~30℃
  • 装置(本体)寸法/重量:
  •       ・高さ1405 mm x 幅770 mm x 奥行1380 mm
          ・重量 約375 kg

    SPECTRO XEPOS紹介ビデオ(英語)